気管支喘息

気管支喘息とは

気管支喘息とは、咳き込みや痰、喉の奥がゼイゼイと鳴る(喘鳴)、息をするのが苦しいなどの症状があります。喘息は発作が起こったときに気管支に変化が生じると考えられていましたが、近年では発作が起こらない普段から気管支に炎症などがあることが分かってきています。気管支喘息の発作は、人によって様々ですが代表的な症状は独特な喘鳴(胸の奥がゼェーゼェー、ヒューヒュー鳴る)や、呼吸困難などがあります。気管支喘息の疾患を発症している患者数は全国でも150万人ほどいるといわれ、その中の約6,000人(全体の患者数の0.4%)が呼吸困難で毎年死亡しています。気管支喘息は適切な治療を継続しておこなうことにより症状の改善や発作を鎮めることができます。専門のクリニックで検査し治療を行うことで健康な人と変わらない生活を送ることが可能です。

気管支喘息の原因

慢性的な気道の炎症があるとダニやホコリ、花粉などが入り込んだ時に気管支喘息の症状があらわれます。軌道の筋肉が、様々な刺激に対して収縮することで咳き込んだり息苦しさなどが起こります。また、激しい運動やお酒は気管支喘息を起こしやすくする物質が肥満細胞から出るので注意が必要です。季節の変わり目や気圧の変化、激しい気温の寒暖差、タバコ、女性では生理や妊娠をきっかけとして気管支喘息の発作を誘発することがあります。まれに解熱鎮痛薬などの服用によって気管支喘息の発作が起こる場合もあります。

気管支喘息の症状

  • 喉の奥が詰まるような感覚
  • 咳や痰がよく出る
  • 食事の好き嫌いが激しい
  • 息苦しさや呼吸困難
  • 夜間から明け方にかけて症状や発作が起こる

気管支喘息の症状は副交感神経の高まりによって、夜間からあけ方にかけて症状が起こることが多いのが特徴です。気道の筋肉の収縮によって咳や喘鳴、息苦しさなど気管支の症状が現れます。乾いた咳で痰は粘り気があり吐き出しにくいのが特徴です。 体を横にすることができず、前かがみに座り呼吸しないとならない程の呼吸困難な状態になることもあります。症状が進行していくと、呼吸困難から血液中の酸素が不足してい意識低下やチアノーゼ(唇や指先が冷たく紫色になる)の状態になることがあります。重い症状の発作が24時間以上続くと、喘息重責状態と呼ばれる致死的状態を引き起こす恐れがあります。

気管支喘息の検査と診断

まずは問診にて詳しい症状や既往歴、家族に気管支喘息の方がいないかどうか等を詳しくお伺いしていきます。発作がないときには検査をしても大きな異常などはみられません。発作症状があるときに検査を行うとスムーズに診断が行えます。気管支喘息の診断には症状が起こっている時に気管支拡張薬を吸入して症状が改善されることで証明されます。補聴器で喘鳴などの気管支が狭まっている音を聞いたり、血液検査などで確定診断を行います。

気管支喘息の治療

以前は、気管支喘息の仕組みが解明されていなかったため症状が起こったときに対処療法をおこない治療をしてきました。現在では気道の慢性的な炎症が原因とされているため炎症を抑える薬の服用が中心となります。

吸入ステロイド薬/長時間作用性吸入β2刺激薬配合剤

吸入ステロイド薬と長時間作用性β2刺激薬を別々に吸入するよりも有効性が高く、重症度に合わせて使用します。ウィルス感染による喘息の増悪に関しても配合剤を使用した方が増悪が減少することがわかっています。

テオフィリン徐放製剤

テオフィリン製剤は気管支拡張作用、抗炎症作用などを有し、単独で使用するよりも長時間作用性β2刺激薬との併用でより効果が期待出来る薬です。

長時間作用性抗コリン薬

吸入ステロイドとの併用が必須であり、吸入ステロイド薬/長時間作用性吸入β2刺激薬配合剤の治療でも症状が残る場合に併用することで呼吸機能を改善し、また増悪予防効果があります。

分子標的薬

抗IgE抗体製剤、抗IL-5抗体製剤、抗IL-5受容体α鎖抗体製剤が近年発売され、重症喘息に対し適応があれば使用可能となっています。

その他の薬剤

抗アレルギー薬、漢方薬、マクロライド抗菌薬、去痰薬などが有効なことがあります。

気管支喘息の治療は重症度により様々な薬剤を組み合わせて使用することにより、発作を予防することが治療の根本となっています。

日常生活における注意点

症状がおさまった後も継続して治療を行わないと発作を繰り返してしまいます。自己判断で治療を中断せずに、症状がないときも気道の炎症を抑えるお薬を継続して服用することで発作を予防をしていくことが大切です。お薬の服用を継続しながら日常生活で発作が起こらないように気を付けることで、健康な方と変わらない生活を送ることが可能となります。

ウイルス感染を予防

ウイルス感染によって気管支喘息の発作が起こりやすくなります。咳が1週間以上続くときは風邪をきっかけとして気管支喘息を発症している恐れがあります。乾燥する冬の時期は、風邪予防のためにも外から帰ったら手洗いうがいをしましょう。

タバコ

気管支喘息の方は、タバコの煙や蚊取り線香などの煙が気管支に入り込むことで発作症状を引き起こしやすくなります。喫煙されている方は、禁煙しましょう。

運動

激しい運動は気管支喘息の発作を起こしやすいため注意しましょう。適切な治療を行うことで症状をコントロールして適度な運動をしても発作が起こらなくなります。運動やスポーツは主治医の指導の下行いましょう。

ストレス解消

ストレスや緊張などの心理的要因から発作が起こる場合があります。なるべくストレスをため込まずに発散したり、生活習慣を改善していくことが大切です。

診療予約問診票
ドクターズコラム 求人案内