便潜血検査

便潜血検査(血便)と大腸内視鏡検査

大腸がん健診における便潜血検査と大腸内視鏡検査一般的な健康診断で行われている“便潜血検査”は、大腸がん発見のために行われるものですが、陽性でも大腸がんではない場合が多く、逆に陰性で大腸がんがあることも珍しくない検査です。何万人というレベルでみた場合には大腸がん発見に役立ちますが、個人の検査として信頼性が高いわけではありません。

大腸がんとは

大腸がんは早期発見できれば内視鏡による切除で治すことができますし、前がん病変の大腸ポリープを内視鏡で切除することも大腸がん予防につながります。ただし、自覚症状なく進行していくため、早期発見には内視鏡検査が必要です。
近年、大腸がんは増えてきています。定期的な内視鏡検査がまだ一般的ではないこともあって、がんによる死亡では現在、女性で大腸がんが第1位、男性で第3位であり、このままでは2020年には男女ともに第1位になると考えられています。また、進行した大腸がんは、開腹手術などお身体や生活、お仕事に大きな負担のかかる治療が必要になります。

便潜血検査で陽性となった方へ

内視鏡検査を受けましょう

便潜血検査は、便に血が混じっていないかを調べる検査です。便に血が混じる病気は大腸がん以外にたくさんあります。そのため、便潜血検査で陽性になった場合には、2次検査(精密検査)を受ける必要があります。

バリウム検査

サイズや位置によりレントゲンでは発見しにくい病変がありますし、組織採取もできないので、確定診断のためには内視鏡検査が別途必要になります。

大腸内視鏡検査は早期の大腸がんを発見できる唯一の検査

大腸内視鏡検査は、大腸の粘膜を直接観察します。当院に導入している最新の内視鏡システムは、特殊な光などを使った観察が可能であり、前がん病変の大腸ポリープなど、小さな病変も発見することができます。また、内視鏡で組織を採取できますので、生検による確定診断も可能です。

楽に受けられる専門医による大腸内視鏡検査

内視鏡検査は、検査する医師の熟練度や使用する機器により大きく精度や不快感が変わってしまうデリケートな検査です。
当院では、内視鏡検査を数多く行ってきた日本消化器内視鏡学会専門医・指導医が検査を行っており、最新の機器やシステム、手法などの導入によって不快感がほとんどなく、精度の高い検査を実現しています。安心してお任せください。

検査時に、初期大腸がんや前がん病変のポリープ切除も可能

大腸内視鏡検査を定期的に受けている方にとって、大腸がんは怖い病気ではありません。早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープは内視鏡で簡単に切除が可能だからです。怖いのは内視鏡検査を受けずに進行してしまった大腸がんなのです。
大腸内視鏡検査時に初期大腸がんや前がん病変のポリープが見付かった場合、その場で内視鏡による切除が可能です。治療のため、改めて別日にスケジュールを作る必要がないため、時間的なご負担も軽減できます。

便潜血陽性を良いきっかけに

便潜血陽性は、便に肉眼ではわからないほど微量の血液が含まれていることを意味します。これは、食道、胃、腸、肛門という消化管のどこかで出血を起こしている可能性があるということです。
消化管で出血を起こす病気には大腸がんが含まれますが、陽性の方に内視鏡検査を行ってみると大腸がんであることは少ない傾向があります。また、大腸がんであっても、腹痛・出血・便通の変化・腹部膨満感といった自覚症状がない段階であれば、的確な治療で完治も望めます。
便潜血検査は、受診者1000人中の約50人が陽性になり、その50人のうち1~2人が大腸がんであると報告されています。ただし、大腸がんがあって陰性と出てしまうケースもあります。大腸ポリープがある方のほぼ全員、早期大腸がんのうち約半分、進行大腸がんのうち約1割は便潜血検査陰性になると報告されており、その場合は異常なしとなってしまいます。

便潜血検査陰性の方へ

便潜血検査では発見できない大腸がんはかなり多く存在します。そのため、陰性になったから、大腸がんではないとはいえません。大腸がんは進行してしまうととても怖い病気になってしまいます。陰性の方も、大腸がんリスクの上がる40歳を越えたら、予防や早期発見のために一度は内視鏡検査を受けてみるようおすすめいたします。

診療予約
ドクターズコラム 求人案内