ドクターズコラム

2020.09.24

鉄欠乏性貧血で鉄剤(鉄のお薬)が飲めない人に朗報です。

鉄欠乏性貧血は貧血の中でも最も多い疾患になります。女性は月経があるため、特に鉄欠乏性貧血になりやすいです。そこで鉄剤の内服を行うのですが、5%程度の患者さんで、吐き気、嘔吐、腹痛、食欲不振などの胃腸症状、さらに1%程度ですが、下痢や便秘などの症状が副作用として出ることがあります。

今までこのような内服が難しい患者さんには、鉄剤の点滴を行っていたのですが、1本の注射に20mgの鉄が含まれていて、鉄欠乏性貧血の患者さんは週数回、合計で20回や30回も(その人の貧血の程度で違います)、点滴や注射に通院する必要がありました。今回1本の注射で500mgの鉄剤が点滴できる製剤(フェインジェクト)が使えるようになりました。基本的にはHb 8g/dl以下のかなりすすんだ貧血の方で、内服薬が飲めない人が対象ですが、週1回、1-3回の投与で、ほぼ必要な鉄分が投与できます。当院でも今後必要な患者さんに使っていく予定ですので、鉄欠乏貧血で内服薬にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談に来て下さい。

診療予約問診票
ドクターズコラム 求人案内